お客様に儲かっていただきたい!その思いが叶った感動の裏側

ある日の午後2時。ユーザー様から電話が掛かりました。
それは最低制限価格算出ソフト「プライス」を購入していただいたTさんでした。
電話を受けたのはサポート担当のKです。

Tさん:「市の建設工事の入札参加ができるようになったのですが、
    高い積算ソフトは買えないのでとりあえずお宅のソフトを購入してみました。
    今、そのソフトで入札物件の最低制限価格を計算したところ、
    1,000円差で2通りの最低制限価格がシミュレートされました。
    このような場合、どちらを採用したら良いのでしょうか?」

弊社K:「お問い合わせありがとうございます。
    それではTさんと同じ内容で私もシミュレート致しますので
    具体的な入札情報をお聞かせ願えますか?」

Tさんから聞いた入札物件の詳細は以下でした。

予定価格 :8,402,000円
工事区分 :道路改良工事 (共通仮設の積上げはなし、施工場所等の補正条件もなし)
最低制限価格の計算式:
直接工事費×95% + 共通仮設費×90% +現場管理費×60% +一般管理費×30%
1,000円未満は切り上げて最低制限価格とする

Tさんがおこなった同じ設定で2通りのシミュレーションしてみると、

①予定価格からの逆算。
 逆算する場合の丸め設定を共通仮設費と現場管理費を1円に設定。
 工事価格は千円に設定。最低制限価格は、千円未満の端数を切り上げ。
 これにより得た最低制限価格は6,705,000円。

最低制限価格で落札した例


②これも予定価格からの逆算だが、①との違いは丸め設定を共通仮設費、現場管理費、
 工事価格を千円に設定。
 最低制限価格は、千円未満の端数を切り上げ。
 これにより得た最低制限価格は6,706,000円。

最低制限価格算出ソフト

①と②の計算結果の差は1,000円。これがまさにTさんの質問の内容でした。

弊社K:「Tさん、発注者さんが間接費の端数処理をどのように設定しているかで
    最低制限価格が変わってきますので、判断が難しいと思います。
    お役に立つかどうかわかりませんが、国土交通省土木工事積算基準には、
    『共通仮設費、現場管理費の率計算の金額は1,000円単位とし、 1,000円未満は
    切捨てとする。』と記載されています。

    この方法で設定すると共通仮設費や現場管理は千円単位で千円未満は切り捨てとなりますので
    ②のシミュレートが該当しますが、
    入札金額の最終判断はTさん自身で決めていただきたいと思います。」

Tさん:「わかりました。いろいろ親切にありがとうございました。
    他の者とも相談して入札金額を決めたいと思います。」

    数日後、Tさんから「くじで落札できました」と明るい声で電話がありました。
    Tさんから聞いた事後公表の結果は次のようなものでした。

予定価格  : 8,402,000円
最低制限価格: 6,706,000円
順位1位  : 6,705,000円(最低制限価格未満のため失格)
落札    : 6,706,000円

(Tさんの会社を含め同額が2社。くじ引きでTさんの会社が落札)

競争の激しさと落札には運も必要だったという結果でした。

この入札物件は、発注側の計算設定が土木工事積算基準に則って設定してあったようです。
今回は運よくTさんの会社が落札することができましたが、
発注者によっては間接費を1円単位の設定で計算している所もあるようです。
いずれにしても間接費の丸め設定は非常に大事だということがこのケースを通じて実証された次第です。

また今回のケースでは、最低制限価格に1,000円未満の端数がある場合は「切り上げ」となって
いましたが、自治体によっては1,000円未満を「切り捨て」の所もあります。

また最低制限価格を1円単位で設定している自治体もあります。
これらに対応できるよう弊社、最低制限価格算出「プライス」は、
丸め設定(一円、十円、百円、千円、万円)や丸め方法(切り捨て、四捨五入、切り上げ)を
自由に組み合わせて使用できるようになっておりますのでご安心ください。

■土木・水道工事ソフト

落札率10%を75%まで高められる高性能なソフトに全幅の信頼。


私と菊地さんとのお付き合いはもう3年ほどになります。私は、土木建設業のコンサルタントをしています。
役所の入札は、ひとつの物件で大体10社の入札が入ります。そうしますと、落札できる確立はどの会社も
10パーセントになるわけです。その確立をぐんと高めるためのお手伝いをするのが私の仕事です。

この仕事ではソフトというのは右腕のようなものです。今まで色々なソフトを使ってきましたが、
専門ソフトなので高いものは300万から400万するものもあります。しかし、作っている人間は、
現場を知らない人間であることが多いのです。私は何十年も現場でやってきた人間です。
その私の「このようなソフトを作ってほしい」という要望にすぐに応えてくれたのが菊地さんでした。

大手ソフトメーカーさんのソフトを使っていたこともありますが、大手さんは会社が大きすぎて要望に応えてくれるのに時間がかかってしまいます。
ひとつの要望に応えるのに、半年一年とかかるのです。そうすると、お客様は間に合いません。

しかし、菊地さんは、いつも迅速に対応してくださり、100パーセントこちらの要望どおりに返してくれるので、
信頼しています。またお互いに現場のことを分かっている人間ですので、共通言語で話が出来るということも大きいですね。

また、他社さんのソフトは、直しが必要なのにそれが出来ていなく、なおかつ高いというものが多いのです。
私自身も、ソフトの販売をやっていますが、今お勧めできる大手さんのソフトは、正直に言ってありません。
コーセンさんのソフトは費用対効果とスピード、また作りも全然違うので、お客様には大変喜んでいただいています。

他社さんのソフトとコーセンさんのソフトの一番の違いは、一ページで完結するということです。
一般的な高額ソフトというのは、どんどん違うところに入っていってしまい、
「今どこをやっているのか分からなくなってしまう」というものが多いです。
このようなソフトですと、1億の工事の計算をするのに大体2日かかります。

しかし、コーセンさんのソフトですと15分で出来てしまいます。
その理由は余計なものがついていないからです。だからコストも下げることが出来るのだと思います。

現場は時間との戦いでもあります。1円単位の厳しい戦いでもあります。ですから、スピーディーで1円の誤差もない
高性能なソフトでなければならないのです。
そのようなソフトでなくては、私は販売出来ませんし、コンサルタントをすることも出来ません。

先週も、コーセンさんのソフトを使い4社のコンサルタントをしましたが、4社中3社は落札できました。
1社は同札でした。同札の時はくじ引きで決めます。

くじ引きで負けてはしまいましたが、実力は同等であったということです。
それだけこのソフトが高性能なソフトだということです。

このソフトを使うと、落札の確立が10パーセントであったところを、75パーセントに上げることが出来ます。
このソフトを使って、年の最初のころに、
その年に出来る仕事の分の落札が出来てしまったというお客様もいらっしゃいます。


■建築工事(営繕)ソフト

かゆいところに手が届くソフトで、これからも良き戦略パートナーに。


私と菊地社長とのお付き合いはもう10年以上になります。
最初、菊地社長が飛び込みで営業にいらしたのがきっかけでお付き合いが始まりました。
第一印象は気さくで話しやすい人だなと思いました。付き合いが長くなっても、菊地社長の印象は変わりません。
とても人柄が良いなと思います。一番大切なのは人柄です。人柄が良いから長く付き合えるのだと思います。

また、菊地社長は、電話で問い合わせるとすぐに飛んできてくれます。
前に、うちの会社でもホームページを作りたいと言いましたら、すぐに来て対応してくださいました。

今、弊社で使っているソフトは市販されている建設関係の積算ソフトと、コーセンさんの逆計算できるソフトです。
コーセンさんのソフトは非常に使いやすいと思います。
積み重ねていって工事費を出すのではなく、逆に、工事費から一般管理費や共通仮設費などを
ひとつの画面で計算できるので、とても分かりやすいです。

積算ソフトというのは、一般的に何十万円、何百万円という値段がするものです。
私は、知り合いからコーセンさんのソフトを教えていただいたのですが、ホームページを見てみたら、
使いやすそうで値段も安かったのです。
「この値段なら良いか」と思い、購入して実際に使ってみたら、非常に使いやすいものでした。
このソフトを使うようになって、入札する時の計算も楽に出来るようになりました。

今は電子入札ができる時代になりました。たくさんの案件がある中で、何件か選択して入札するのですが、
1から積み上げていって計算すると時間も手間もかかってしまいます。
工事価格は公表されていますので、弊社ではコーセンさんの逆計算ソフトを使って、経費がいくらかかり、
利益がいくら出るのかという積算をするという形をとっています。

今後、コーセンさんには入札に機敏に対応できるソフトを作っていただきたいと思っています。
入札というのは難しく、総合評価になってくると点数の部分が重要になってきまして、
金額が安いから落札できるということではありません。
どのような会社が入札してくるかは分かりませんが、このくらいの点数なら大丈夫だろうと
自分なりに確信できるラインを知ることが出来れば良いなと思います。

そのようなかゆいところに手が届くようなソフトを開発していただけたら嬉しいですね。
今後も良いパートナーとして、こちらの要望を伝えてきいていただける、そんな関係でいたいですね。
コーセンの電話番号

お電話でのお問合せも上記で承ります 平日08:30~18:00
メールでのお問い合わせは下記「お問い合わせフォーム」からどうぞ

お問い合わせフォーム
氏名
メールアドレス*
ご連絡先
内容