@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

高評価を得ている最低制限価格の算出ソフトについて

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>高評価を得ている最低制限価格の算出ソフトについて

競争入札における最低制限価格制度とは

最低制限価格とは、地方自治法施行令によって地方公共団体について認められており、 地方公共団体が工事や製造などについての請負契約において競争入札を行う場合に、前もって設定する落札の下限の価格のことです。
工事の品質を確保するために設定されており、この価格を下回る入札は無効となりますので、競争入札の際には留意する必要があります。
最低制限価格が設定されますと、有効な入札額は最低制限価格以上予定価格以下の範囲となり、その範囲内で入札された中で最低の価格の入札者が落札することができます。
競争入札における制度には、この制度の他にも低入札価格調査制度などがあります。

最低制限価格算出ソフトのプライス

公共工事における工事費計算の根拠になっているのは、土木工事積算基準や建築工事積算基準、水道事業実務必携などの積算基準書です。
工事価格はこうした基準書を元に直接工事費に共通費の共通仮設費や現場管理費、一般管理費を積算したものです。
直接工事費によって共通仮設費率や現場管理費率、一般管理費率が決まりますので、直接工事費がわかれば共通費率を計算することによって工事価格がわかることになりますが、
実際には共通費の率計算1には控除など多くの対象項目があるため単純には計算できません。
工事の種類によって変わってきますが、そのパターンは1万通りにも及ぶことがあります。

最低制限価格算出ソフトのプライス

コンピュータを使った算出ソフトを使用して正確な工事価格や最低制限価格を算出ができればとても便利です。
有限会社コーセンコーポレーションのプライスは最低制限価格の算出ソフトで、地方自治体で公開されている最低制限価格や調査基準価格の算定式に基づいて価格をシミュレートすることにより120回程度の計算を1秒程度で完了させ、 工事価格または直接工事費から正確な価格を算出することができます。

最低制限価格算出ソフトのプライスの強み

17年間積み上げてきた経験やノウハウ、技術力を最大限に活用することで1円の誤差もないソフトウエアを開発しています。
プライスなどを利用した落札物件433件の調査では、 落札総額は216億9149万円6411円にものぼる実績を誇り、顧客満足度は93%にもなっています。
正確な最低制限価格を計算するのに苦労していたり、 積算ソフトでは操作が煩雑で時間がかかったりするような悩みや苦労などがあれば、シンプルな操作でそうした問題を簡単に解決できるプライスの導入が近道です。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要