@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

予定価格から最低制限価格と諸経費率を計算するソフト

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>予定価格から最低制限価格と諸経費率を計算するソフト

公共工事価格決定の仕組み

公共工事の予定価格と最低制限価格は、ある一定の方法により算出されています。
国土交通省公共建築工事積算基準がそれで、建築工事編、電気設備工事編、機械設備工事編があり、編集・発行は (財)建築コスト管理システム研究所が行っています。
(財)建築コスト管理システム研究所は公共発注機関の業務を効率化するための「営繕積算システム RIBC」を公共発注機関向けに提供しています。
公共発注機関の多くはこのシステムを使い、予定価格と最低制限価格を算出し、入札に臨んでいます。
応札する業者は最低制限価格以上で、かつ、応札者中の最低価格を提示しなければ落札できない仕組みです。

指名願いと公共工事の発注

公共工事を受注するためには指名願いを提出しなければならず、提出した以上は、お呼びのかかった現場説明に出席し、最低でも入札に出席し、応札に臨まなければ、次の仕事に差し支えるのが実情です。
公共工事の発注件数は膨大な数にのぼり、お呼びのかかった工事に関して全てを積算し、見積り金額を出して応札するまでには膨大な時間と手間がかかります。
応札する業者側でも効率的に見積もり金額を算出し、最低制限価格をにらんで、かつ、最低価格を提示し、落札につなげるためには、なんらかの抜本的な対策が必要となります。

最低制限価格算出の必要性

工事金額の算出には正確な積算を行い、一定の諸経費率をかけて見積もり金額を計算する順当な手段もありますが、予定価格から逆算する方法もあります。
予定価格から最低制限価格を逆算するためには、公共発注機関が使っている諸経費率が必要となります。
諸経費率を直接知ることはできませんが、(財)建築コスト管理システム研究所の「営繕積算システム RIBC」のロジックを推測することにより、おおよその値を知ることは可能です。
諸経費率のおおよその値がわかれば、逆算により最低制限価格のおおよその値を計算することが可能となり、落札価格に近づけます。

ソフトによる順算と逆算の必要性

大変な費用と手間のかかる公共工事の積算と見積りは、そもそも、目的とする工事を落札し、受注につなげるために行われます。
ソフトによる順算と逆算を必要に応じて行うことで、最小の費用と手間で、公共工事を落札する確率を高めることが可能となります。
工事業者の本来の仕事は工事そのものを設計図の通りに正確に施工することであり、落札が確実ではない積算や見積りに費用と時間を使うことはもったいないことです。
ソフトによる順算と逆算は、工事業者の積算と見積りに費やす費用と手間を省きながらも落札件数を増やし、本来の工事に注力することを可能にするものです。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要