@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

公共建築工事や電気設備工事などの最低制限価格算出ソフトです

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>公共建築工事や電気設備工事などの最低制限価格算出ソフトです

公共建築工事を落札する時の悩み

公共建築工事や電気設備工事など落札するには、予定価格から正確な最低制限価格を算出する必要があります。
ただこの算出がなかなか難しく、手計算や自作した計算式ではなかなか正確な最低制限価格を出すことができません。
入札担当者や経営者の中には正確な価格が出せなくて不便を感じている方や、自作の計算式に自信が持てなくて不安を感じている方、そしていくら入札をしてもなかなか落札できないなど最低制限価格の算出でお悩みの方も多いでしょう。
そんな方たちにおすすめの最低制限価格の算出ソフトを紹介したいと思います。

なぜ最低制限価格の算出が難しいのか

なぜ最低制限価格の算出が難しいかというと、算出には「営繕積算システムRIBC(リビック)」という発注者専用ソフトウェアと同じロジックを用いて、「共通仮設費」・「現場管理費」・「一般管理費」の計算をする必要があります。
ただこのソフトウェアは発注者専用なので、通常は手に入れることができません。
ですから同じロジックを用いることができず、正確な価格を算出することが難しいのです。
このようなことから、公共建築工事や電気設備工事の発注者側と誤差のない計算結果を出せる専用の算出ソフトの開発が必要になりました。

「営繕積算システムRIBC」とはなにか

「営繕積算システムRIBC」とは公共建設工事における発注者の積算業務の合理化や省力化を目指して、公共発注機関に向けに「建築コスト管理システム研究所(Research Institute on Building Cost)が提供しているソフトウェアです。
この「建築コスト管理システム研究所」は国土交通相公共建築工事積算基準の編集と発行もしています。
これは発注機関専用のソフトウェアで、全国の都道府県や政令都市ではほぼ100%が使用していて、公共建設工事や電気設備工事、機械設備工事の入札に大きく関係しています。

最低制限価格を正確に算出するソフトウェア

「営繕積算システムRIBC」を使用している発注機関の工事内訳書を精査することで、発注者側と誤差のない計算結果を出せるようにしたのが、最低制限価格算出ソフトウェアの「プライス」と、諸経費計算ソフトウェアの「順算逆算」です。
これらのソフトウェアは公共建築工事積算基準の字面だけでなく、曖昧な表現の箇所も解明することで1円の誤差もない計算結果を出すことができます。
いくら正確な計算ができても操作が複雑ではあまり使いたくないでしょう。
ですが、「プライス」はとても操作がシンプルで、予定価格や工期、直接工事の割合を入力するだけで最低制限価格や諸経費の計算ができます。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要