@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

公共建築工事の最低制限価格を計算するためにおすすめの算出ソフト

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>公共建築工事の最低制限価格を計算するためにおすすめの算出ソフト

公共建築工事のおける最低制限価格とは

最低制限価格は地方自治法により設定することができることになっています。
この制度は地方自治体が発注者として、健全な企業経営のもと適正な技術力を持っている企業が品質を確保したり労働災害を防止したり、 その他にも元請や下請の正常な関係を維持したりするためという三つの視点から設計図書から必要で適正な価格を決定することが不可欠ということに基づくものです。
各地方自治体によってこの最低制限価格制度が適用される設計金額が異なりますので、公共建築工事を落札するためには制度を正しく理解しておくことが重要になってきます。

最低制限価格の計算式とは

最低制限価格を算出する場合には、直接工費費に0.95、共通仮説費に0.90、一般管理費などに0.55を乗じたものに加え、現場管理費に0.90を乗じて現場条件を考慮に入れて算出した補正係数をさらに乗じて算出されたものを合計したものになります。
この合計額に消費税がさらに加えられます。
補正係数はおよそ0.94から1.06などある一定の値が各地方自治体ごとに設けられており、現場条件は工事によって様々ですので、その時々によって変動することから最低制限価格を正確に算出することがさらに複雑で、制度を正しく理解することはとても難しくなっています。

正確に最低制限価格を算出するために

最低制限価格を簡単で正確に算出し、公共建築工事の受注を確実にするためには、算出ソフトを導入することがおすすめになります。
こうした算出ソフトにはいくつかありますが特におすすめなのがコーセンコーポレーションのプライスになります。
この算出ソフトは、平成28年度の国土交通省土木工事積算基準に基づいて製作されており、工事価格もしくは直接工事費から最低制限価格を算出することができます。
各地方自治体向けに提供されている営繕積算システムRIBCと同じ計算ロジックを使って正確に価格を算出することが特徴となっています。

正確に価格を算出できるプライスの魅力

プライスをを使用した4000社以上のユーザー様の一部が落札された物件433件の調査を行ったところ、落札総額が200億円を突破しているのがわかりました。
国土交通省公共建築工事積算基準だけではなく基準書の中であいまいに表現されている部分を徹底的に検証することでノウハウを蓄積し、1円の誤差もない計算結果を提供することができるようになっています。
導入された顧客からのアンケートでも満足度が93%と高く、最低制限価格の計算式を100通りまで登録できるなど、簡単な操作で算出できることからおすすめです。
公共建築工事の落札件数を増やすためには欠かせない算出ソフトとなっています。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要