@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

最低制限価格を算出するソフトとして高評価を得ています

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>最低制限価格を算出するソフトとして高評価を得ています

入札での多くの人が悩むこと

公共建築など入札でなかなか落札できないでお困りの経営者や入札担当者は多いでしょう。
落札をするには予定価格から最低制限価格を正確に出す必要がありますが、「どのような計算をすれば正確な価格が出せるかわからない」、「手計算をしたり、計算式を自分で作ってはみたが算出された最低制限価格が正しいか自信がもてない」など悩みは尽きないでしょう。
そんな悩みを解消してくれると高評価をいただいているのが最低制限価格算出ソフト「プライス」です。
今まで入札をしてもなかなか落札できなかったものが、このソフトを使うことで落札できる可能性が上がります。

なぜ最低制限価格の算出が難しいのか

どうしてこんなにも最低制限価格の算出が難しいのでしょうか。
それは、「共通仮設費」や「現場管理費」、「一般管理費」の計算は「営繕積算システムRIBC(リビック)」と同じロジックで算出しなければならないからです。
「営繕積算システムRIBC」とは発注機関専用のソフトで、発注者の積算業務の合理化・省力化をするためのものです。
全国の都道府県や政令指定都市のほぼ100%が導入していますが、一般には販売されていません。
つまり手に入らないものと同じロジックで計算をしないといけないので、正確な価格を出すのが難しいのです。

発注者と1円の誤差もない計算結果

最低制限価格算出ソフト「プライス」は、「営繕積算システムRIBC」を使用した発注機関の工事内訳書を徹底的に検証することで、発注者と1円の誤差もない計算結果を出すことができます。
なぜそのようなことができるのかというと、公共建築工事積算基準書の字面だけを見るのでなく、曖昧に表現されているところを十分に検証することで正確な計算をすることができます。
そうすることで従来の諸経費計算ソフト「順算逆算」よりも緻密な計算をすることができるようになり、1円の誤差もない正確な計算結果を導き出すことができるようになりました。

計算式の使い分けができる

従来の諸経費計算ソフト「順算逆算」も高評価を得ていて、発注者側も使用しているほどでした。
ですが最低制限価格算出ソフト「プライス」は、「営繕積算システムRIBC」の計算ロジックをさらに詳しく解析することで、より緻密な計算が計算できるようになりました。
また、「プライス」では最低制限価格を算出する計算式が100通りも登録できるのです。
これにより入札する内容によって計算式を使い分けることができます。
操作方法もシンプルで、予定価格を入力し、工期を設定、直接工事の割合を決めたら計算ボタンを押すだけで最低制限価格や諸経費の計算をしてくれます。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要