@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

最低制限価格がわかることで電気設備工事の高い落札率が期待できる

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>最低制限価格がわかることで電気設備工事の高い落札率が期待できる

最低制限価格の算出の難しさについて

最低制限価格とは工事などの落札価格の最低金額と同じものであり、これを下回れば落札失格となり、逆に高すぎれば他の会社に落札されてしまいます。
これより一円でも高ければ落札できることになり、最低制限価格を把握することで、高い落札率が期待できます。
工事の予定価格の決定では、工事の難易度、材料費、労務費などが考慮されます。
請負側としては、予定価格からどれぐらい安くすれば請け負えるのかを勘案したうえで落札額を試算します。
この試算については、従来の手計算では難しく、時間がかかります。
また、正確性が疑われるため落札することができず、業績が伸び悩んでいる企業も多いです。

最低制限価格算出ソフトの使用について

電気設備工事などを確実に落札するためには、最低制限価格算出ソフトの使用が効果的です。
最低制限価格算出ソフトとは、落札額を最低制限価格に接近させ、落札率を上げるために不可欠なツールです。
弊社では「プライス」という最低制限価格算出ソフトをご用意しております。
「プライス」は、低料金で購入することができ、使用方法についても簡単で豊富な実績もあります。
手作業の計算や複雑な積算ソフトなどと比較した場合に、誤差が無く正確に算出できるため、入札が重なった場合においても、短時間で算出でき、業績を向上させる効果があります。
ソフト導入費用が僅かで済み、年間、数億円の電気設備工事などの公共建築工事を落札できれば、何千倍というリターンを得ることができます。

公共建築工事落札の魅力について

電気設備工事などの公共建築工事を請け負うには、いつくかの種類があります。
大手ゼネコンから受注、一般建築会社からの指定受注、公共建築の入札からの落札受注、などが挙げられます。
中でも、安心して請け負えるのが公共建築工事です。
これは、発注側が国や県や自治体であり、確実に建築代金を受け取ることができるメリットがあります。
手形の不渡りや貸し倒れなどが無いため、安心して仕事に集中することができます。
予定価格についても、実質の建築価格と乖離することが無く、過去のデータや時価の材料費や労務費から算出しているため、落札して工事を行うことで、確実な利益が見込めます。

無料体験版の利用がおすすめ

公共建築工事の落札をしたいと考えているのであれば、最低制限価格算出ソフトの無料体験版をダウンロードして使ってみることがおすすめです。
体験版を使用したうえで満足が得られたなら、その時点で購入を決めれば良いわけです。
最低制限価格算出ソフトには建築工事をはじめとし、電気設備工事や機械設備工事などに対応しているソフトが豊富に揃えられています。
様々な業種で利用できるソフトがありますので、求めている工事に合ったソフトを選ぶことで無理なく落札につなげることができます。
そのためには、まず無料体験版でお試しいただくことが重要です。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要