@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

お客様から高評価の諸経費率計算・最低制限価格算出ソフト

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>お客様から高評価の諸経費率計算・最低制限価格算出ソフト

公共工事の入札にお悩みの方におすすめ

有限会社コーセンコーポレーションの諸経費率計算ソフト『順算逆算』と、最低制限価格算出ソフ『プライス』トを利用することで、公共工事の入札のお悩みを解決できます。
なかなか落札できない、最低制限価格や諸経費の算出できない、急ぎの入札に間に合わせたい、積算ソフトまでは必要がないなど、あらゆるお悩みに弊社の諸経費率算出ソフトが解決いたします。
弊社のソフトは、1円の誤差もないような入札ソフトを開発することにこだわり、建設業に携わる企業様の落札のお手伝いを18年にわたり行って参りました。
これまでに培った実績で、ここでしか手に入らないソフトでお客様をサポート致します。

諸経費率算出ソフトで業績アップ

弊社のオリジナル諸経費率計算ソフト『順算逆算』・最低制限価格算出ソフト『プライス』は、建築工事・電気設備工事・機械設備工事に対応した高評価ソフトです。
予定価格から最低制限価格が正確に出せないと不便であり、また手計算や自作の計算式を利用していると不明瞭でとても不安が残ります。
このような方法で落札を行おうとしても、入札することはできません。
IT化の現代社会では、スピーディかつ正確な入札が激しい競争に勝ち抜く唯一の手段とも言え、その競争に勝つことで企業を成長させることができます。
そのためには、確実な諸経費や最低制限価格が算出できる弊社のソフトが有効です。

リビックと同じロジックを持つソフト

工事価格や最低制限価格を正確に計算するためには、『営繕積算システムRIBC(リビック)』と呼ばれる発注者専用ソフトと同等の論理を持つソフトを使用する必要があります。
『順算逆算』は、リビックを使用している発注機関の工事内訳書を徹底的に調査し、発注者側と誤差1円もないような計算結果を導き出せるソフトとなっています。
弊社ソフトのユーザー様の落札物件433件において調査を行ったところ、その落札総額は実に216億9,000万円を超えています。
弊社の2種のソフトをご利用のお客様の93%以上の方が、ソフトの内容・操作性に満足していると高評価を付けております。

弊社のソフトを使用するメリット

諸経費率計算ソフト『順算逆算』と、最低制限価格算出ソフト『プライス』を使用する最大のメリットは、年間で僅か数万円の費用で、数千万円~数億円もの工事を落札することができるという点です。
弊社ソフトの使用で、1円の誤差もなく正確な計算が行えるため信用性が向上し、落札することが限りなく高くなり、お客様にもたらすリターンは今までの数百倍~数千倍にまで跳ね上がります。
弊社のソフトをご使用いただいている企業様は4000社以上にもなり、その年間価格は200億円以上に上っております。
公共工事などの入札でお困りの方は有限会社コーセンコーポレーションにご連絡ください。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要