@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

公共建築工事を諸経費率算出ソフトで高評価を得る

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>公共建築工事を諸経費率算出ソフトで高評価を得る

公共建築工事を落札するために

公共工事は入札によって決まることになりますが、実際のところ入札までに書類を作成するために時間がかかってしまうこともあります。
なかなか落札することができなかったり、予定価格から最低制限価格が正確に出すことができないことがあります。
最低制限価格は手計算では不明瞭で難しい部分があり、諸経費の算出がうまくできずに困っているということもあります。
会社をもっと成長させたい、地域などの社会貢献をしたい、そのためには入札に勝たなければなりません。
諸経費率算出ソフトを利用して、誤差のない内容で高評価を得て公共建築工事の落札ができるようにするのです。

誤差のない計算をするこだわり

最低制限価格を算出することができる諸経費率算出ソフトを利用するメリットは計算誤差をなくすることができるということです。
手計算では計算ミスがあったり作成に時間がかかったりするものなのです。
諸経費率算出ソフトには開発時に落札や受注のためのノウハウが含まれていることになるのです。
長い年数積み上げられてきた経験、ノウハウ。
技術力を諸経費率算出ソフトを利用することで生かすことができるのです。
計算誤差をなくして品質のよい内容で、作成にかかるスピードも上げることができ高評価を得て公共構築工事をひとつでも多く入札し落札をします。

諸経費計算率は奥が深い

公共工事の費用を算出する根拠は、土木工事積算基準、建築工事積算基準、水道事業実務必携等の積算基準書となります。
工事価格というのは直接かかる工事費と共通費です。
共通費には共通仮設費、現場管理費、一般管理費の3つとなります。
直接工事費によって共通仮設費率、現場管理費率、一般管理費率が決まりますが、直接工事費がわかったとして共通費率を計算して工事価格が計算できるというわけではありません。
共通費の率計算にはいくつかの対象項目があり、支給品で一般材料費があるなど、対象額に関する項目も複数あるためです。

順算逆算のノウハウが落札のポイント

直接工事費から工事価格を求める方法もあり、工事価格から逆算で補正条件を加味した形で直接工事費、共通仮設費、現場管理費、一般管理費を求めるにはノウハウが必要になります。
逆算の場合は1回計算すだけで誤差がない答えを得るのは難しいということになり、条件がいくつも重なればそれだけ難しいことになります。
これを手作業でするためには何回も計算を行なう必要があり困難な作業です。
諸経費率算出ソフトにそのノウハウを使用することで計算を繰り返して誤差のない答えを算出することができ、それもすぐに答えを出すことが出来るので、高い評価を得ることができるのです。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要