@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

電気設備工事で高評価を受けている諸経費率の算出ソフトとは

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>電気設備工事で高評価を受けている諸経費率の算出ソフトとは

諸経費率の算出はかなり難しい

電気設備工事をはじめとした工事を実施するまでに様々な費用を算出する必要があります。
その算出をする中で率を算出する必要があります。
中でも「諸経費率」は非常に難しく、「経費」を算出するだけでも膨大な項目をまとめ上げ、なおかつ比率を計算していく必要があります。
そもそも項目も全部まとめる必要があり、そこから売り上げや利益などを算出していく格好の材料となります。
工事一つでも費用はかかり、なおかつ利益を算出していく日鬱用があるため、諸経費率を算出する必要があります。
それだけ算出はかなり難しいと言えます。

算出を行うためにはどうしてもソフトが必要

諸経費率はもちろんのこと利益・費用を含めた様々な項目を上げ、算出するためにはどうしても専用のソフトが必要になります。
算出ソフトを使うことによって難しい計算も簡素化することができるようになります。
簡素化することによって肝心の計算をソフトで行うことによって、より効率的に経費や利益を計算することができ、肝心の費用を詰めることもじっくりとできるようになります。
ソフトは効率化する際に重要な役割を持つためどうしても算出するためにソフトが必要になってきますし、手に入れておく必要があります。

高評価を受ける算出ソフトは「順算逆算」

電気設備工事を行うに際し、諸経費率を算出するためには算出ソフトが必要になることがわかりましたが、算出ソフトは数多くあります。
その数多くあるソフトをどのようにして選べばよいのかというと、ユーザーからの高い評価を得ていることがひとつの選択基準となります。
評価自体も実際に使った方々の生の声もあるので、おいそれと見逃すわけにはいきません。
弊社が制作したソフトでユーザーの皆様から高い評価を得ているものとして「順算逆算」があります。
このソフトは諸経費率に特化しているソフトですが、それも含め様々な項目について正確な計算を行うことができます。

入札を受けるために必要なこと

電気設備工事は利益を確保する、なおかつ諸経費率などの費用を抑えながら安価で抑える必要があります。
「順算逆算」は入札を受けるための諸経費率を簡単に算出し、なおかつ諸経費などの金額を正確に算出することができるようになります。
入札を受けるためのアキレス腱となる諸経費率や利益の算出のためには実際に使用しているユーザーからの高い評価を得られるような、能力のあるソフトを利用する必要があります。
そのことによって入札を受ける可能性が限りなく高くなり、利益を確保することができるようになります。
ソフトの費用は「投資」と考えて導入することをおすすめします。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要