@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

公共建築工事の諸経費率算出はこの算出ソフトがおすすめ!

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>公共建築工事の諸経費率算出はこの算出ソフトがおすすめ!

経理担当者の皆さんに嬉しい算出ソフトの話

建設会社にとって公共建築工事は一世一代の大口需要なのは昔も今も変わりません。
問題は、その入札率や諸経費率がどれくらいかかるかになる訳で、このあたりは経理担当者の皆さんにとって最大の頭痛の種になっているはずと言っても過言ではありません。
誰にでも簡単に扱いやすくて、しかも精度の高い算出ソフトがほしいけど価格が高いものはどうも・・・などと二の足を踏んでいる皆様に自信を持ってお勧めしたいのが 弊社の製作した算出ソフト「プライス」です。
このソフトを使えば、どんな大型の案件でも簡単に諸経費率が算出できるのです。

算出ソフト「プライス」の魅力と効能

ここで今回おすすめする算出ソフト「プライス」について、簡単に説明いたします。
これまで使用されてきたソフトは、諸経費計算と最低制限価格のどれか一つに特化した物が多く、二つの機能を兼ね備えた内容の物はそれほど多くありませんでしたが、 弊社の「プライス」では公共建築工事にかかる諸経費率が正確かつ迅速に算出できますし、入札時の最低制限価格も簡単に算出できますので、 建築工事の予算・経費の算出が一つのソフトで簡単にできます。
これで経理作業もスピーディーかつスムーズに処理することができるのです。

3つの分野を完全網羅しました

諸経費率の算出は建築現場に欠かせない大事な経理事務の一つなだけに、公共建築工事以外の分野にも使えるソフトがあれば心強いものです。
そこで算出ソフト「プライス」は、公共建築工事のほか、電気設備工事、機械設備工事の二編もご用意いたしました。
いずれのソフトも操作は簡単。
まず予定価格を入力してから工期を設定し、次に直接工事の割合を設定してから計算ボタンをクリックすれば諸経費率も最低制限価格も簡単に算出できます。
もちろん営繕積算システムRIBCを応用しておりますので計算は至って正確にして迅速に行うことができます。

導入されたご愛用の皆さんから喜びの声が!

ここまで説明すると、皆さんはどんな効果が上がるのと大きな期待を持たれることでしょう。
実際にこのソフトを採用して着実に実績を上げている企業様も多くいらっしゃり、その喜びのお声を耳にすることも少なくありません。
例えば、とある土木建設業のコンサルタントを務めている方は、この算出ソフトを導入したところこれまで10%に過ぎなかった落札率が75%まで伸びているという結果を出していただいたり、 別の建設会社の経理担当者様は導入してみてそのかゆいところに手が届く便利さとアフターケアの充実ぶりにすっかりとりこになったと語っています。
今度はこれを読んだ皆様にその便利さを体験していただきたいと思います。
まずはオフィシャルサイトをご覧ください。
きっと皆様のお力になれることをお約束いたします。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要