@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

電気設備工事の入札には諸経費率の算出ソフトがおすすめ

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>電気設備工事の入札には諸経費率の算出ソフトがおすすめ

公共事業の落札が取れない理由

公共事業の入札は、金額の大きさにかかわらず、工事費用を算出することになりますが、たくさんの要素がある諸経費率を計算し、求められる数字を的確に出すことはとても難しいものです。
入札をたくさん取ることができる企業と入札しても落札できないことが続く企業があるのは、値段の安さを競っているわけではなく、最低制限価格を正確に割り出しているかどうかがカギになっているのです。
経験や勘だけでは、なかなか対応することができないので、落札が取れない状態が続いてしまう、ということが起きてしまうのです。

諸経費率を正確に計算するためには

入札に参加し、落札するためには、最低制限価格を正確に割り出すことがポイントです。
見積書から読み取った数字から、最低制限価格を正確に割り出し、諸経費率を逆算するとともに、実際にかかる費用をしっかりと組み込むことができれば、 落札率を上昇させ、良い電気設備工事をすることにつながります。
諸経費率の計算は、いろいろなルールや要素があるとても大変な作業で、また何百通りもの計算を行う必要があるので、手計算では限界があります。
諸経費率を正確に計算するためには、算出ソフトを使うことがおすすめです。

おすすめの算出ソフト

電気設備工事の入札の時に必要な工事価格を出すときに大切なことは、制限価格を正確に割り出すことで、諸経費率の計算が欠かせません。
積算の数字や諸経費率の計算、制限価格を正確に計算するために算出ソフトを使っている人は多いのですが、価格が高いことで導入をためらわれる方も多くいらっしゃいます。
導入コストを抑え、コストパフォーマンスを上げることが期待できるおすすめの算出ソフトは弊社が制作しました「プライス」です。
「プライス」は、一枚のシートに数値を入力するとても簡単なシステムを使用しておりますので、どなたでも計算することができるソフトです。

プライスを利用するメリット

諸経費率の計算を簡単に行うことができるプライスは、電気設備工事の入札を簡単に行うことができ、落札率をアップさせることが期待できる算出ソフトです。
簡単に入力することができ、計算の時間も1秒程度と短いため、手間や時間を大幅に削減することができる点でユーザー様から高い評価を得ています。
作業時間を大幅に短縮することができるため、人件費の節約につながり、落札率のアップが期待できるので、コストパフォーマンスが大変よく、たくさんの企業の経営者や管理者、責任者の信頼を得ています。
リピーターの方も多く、使い続けてくれているお客様が多くいらっしゃる、手前味噌ではありますが、大変評判の良い算出ソフトです。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要