@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

公共建築工事の入札に強くなる諸経費率計算ソフト

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>公共建築工事の入札に強くなる諸経費率計算ソフト

入札に自信がない人におすすめの計算ソフト

公共建築工事の入札に、何度も応募しているけれども落札が取れないことが続いていると、入札に参加するのが嫌になってしまいますが、 企業のためには、大きな工事から小さな工事まで、事業規模に合わせた公共建築工事を落札したいものです。
入札に自信がない企業は、計算式を立てるときにすでに自信がなかったり、式があっているかどうか不明確で不安があったりすることが多く、 時間がかかるのに実りが少ない場合が多いので、正確に諸経費率を算出することができる計算ソフトを導入することから始めることをおすすめします。

諸経費率と最低制限価格の関係

入札に強い企業になるためには、諸経費率を正しく計算することがとても大切です。
諸経費率を正しく計算することができれば、最低制限価格に迫ることができるため、入札に近づくということがその理由です。
つまり、計算の初期の段階で、面倒な計算のひとつでも自信がない式を使っていたり、単純な入力ミスをしてしまうと、その入札を落札することが難しくなるという訳です。
簡単な入力で、誰にでも使うことができる計算ソフトを使うことで、間違いが減り、また諸経費率と最低制限価格を正確に計算できるようになり、入札に強い企業になっていくのです。

おすすめの計算ソフト

公共建築工事の入札に強くなるためにおすすめの計算ソフトは、弊社が制作したソフト「プライス」です。
プライスは、大変簡単に入力することができるので、初心者やパソコン操作が苦手な方でも間違えるリスクが少なく、また簡単に操作ができるのに、正しく計算することができるため、 建築工事の企業様の間でも評価が高く、注目されております。
最低制限価格を予想することができるため、落札の可能性が高まることが人気の理由ですが、リーズナブルな価格で、 導入費用を抑えることができるところも、経営者や管理者の方々に評価され、選択されている理由であります。

プライスが人気の理由

諸経費率を簡単に正しく計算することができ、落札に近づくと建築工事の関係者の皆様の間で好評をいただいている弊社のソフト・プライスは、 導入費用のリーズナブルさに比較して、小さな工事から大きな工事まで、簡単に計算できる計算ソフトです。
実際に使ったユーザーの皆様の口コミや感想では、簡単に入力することができるので、手間や時間が節約でき、人件費の節約にもつながったという声や、 短時間で計算できるので、入札が重なった時でも自信を持って参加することができたという声が多く、結果的に大きなパフォーマンスが期待できるところが人気の理由です。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要