@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

諸経費率の計算ソフトとの利用とそのメリットについて

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト

諸経費率についての説明

初めに諸経費とはなにかを説明します。
さまざまな工事には純粋に工事をして作る物にかかる値段に加えて、その作業をする人の人件費、物を作るための材料費、それを運ぶ費用、工事を受け持った会社の利益など、 様々なお金がかかりますが、これらの工事以外にどうしてもかかってしまう費用の事をまとめて諸経費と呼びます。
全体の工事費の何パーセントを諸経費が占めるかというものが諸経費率で、この率は各都道府県や民間の事業の間で決められており、正しい比率で工事をしているところに任せることが大切になります。

諸経費率の計算ソフト

諸経費率を計算する為にはとても面倒な式を解き、なおかつ一切のミスも許してはいけません。
そのような難しい式を解いてくれる便利なものが諸経費率計算ソフトです。
その計算ソフトは土木工事なら土木用、建築工事なら建築用とそれぞれに特化したソフトが売られており、 主な特徴としては手計算ではとても難しい計算をしてくれるのは大前提ですが、それに加え一円の誤差もない計算結果を出すことができ、そして事業の物件の落札の確実性を上げてくれることであります。
続けて、計算ソフトについての詳しいメリットについてもご説明いたします。

計算ソフトを使うメリット

計算ソフトは先ほど述べましたように、手計算では難しい一切の誤差なく計算できることから始まり、 一番大きく重要な導入のメリットは最低制限価格を正しく設定して事業の物件を高い確率で落札することができる、ということです。
最低制限価格の設定を間違ってしまうと入札すら出来ずにまったくの無意味になってしまい、非常にもったいないことです。
手計算では市場の動向などを考慮して結果を出すことは至難の業ですが、計算ソフトを使うとなんなくこなしてくれます。
この機能はとても優秀で小さな駆け出しの企業様から公共の役所や大企業様までもが利用されている便利なものです。

順算逆算とはどのようなものか

諸経費を計算するソフト「順算逆算」とは、一円の誤差なく算出ができる計算のソフトです。
数多の企業様が、このソフトが決め手になって落札件数や受注率が飛躍的に上がったという嬉しいお声をいただいております。
専門的な知識が要りそうだ、と思われ、なかなか手を出せないとお考えの方もご安心ください。
予定価格やその他の必要項目を入力して計算ボタンを押すだけで難しい計算も瞬時に結果を出すことができます。
その圧倒的速さと初心者でもすぐに利用できる使いやすさ、そして何より大切な正確さを武器に大きな支持をいただいているソフトです。
直接工事費から計算する順算と、予定価格から算出する逆算があるのでとても便利なものです。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要