@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

諸経費率計算ソフトのおすすめをご紹介

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>諸経費率計算ソフトのおすすめをご紹介

諸経費率とはどのようなものか

物を作ったり、工事をするときにかかるお金が工事費などですが、そこに作るために材料を仕入れるお金、仕入れた材料を運ぶためのお金、作業員の食費、人件費、 儲けなど工事費とは別のもので一つ作るだけでもたくさんのお金がかかり、そのすべてを考えたものが諸経費と言います。
その経費を工事費と照らし合わせて考えたものが諸経費率で、それぞれ都道府県で決められていたりしますがはっきりとは定義できない難しいものではあります。
この経費率は民間企業だとバラツキも大きいので正しく見積もって透明化する必要があります。

諸経費率計算ソフトの説明

諸経費率を計算することは一般的にとてもややこしく理解しにくいものなので計算ソフトに任せていることが普通です。
建築では建築の、土木では土木のという風にそれぞれの特化したものが販売されており、駆け出しの会社から公共の工事を担当している公務員の方たちも使用しています。
その諸経費のパーセンテージを計算してくれるソフトがない場合、手で計算していかなくてはならず、結果、どうしても計算の結果に自信がなく、物件の落札ができないことが多々あります。
しかし、算出用のソフトを使うと確実に計算できる上に正しく妥当な数字を出すことができます。

諸経費率計算ソフトのメリット

先述の通り、諸経費の工事費に対するパーセンテージを計算してくれるソフトを使用すると、手で計算するよりも圧倒的に早く、正確に工事価格や最低制限価格を計算することができます。
各工事によってソフトもたくさんあり、建設業界や土木業界、電気業界などそれぞれのユーザーからおすすめされるものがあるので迷うことなくいいものを使えるでしょう。
そして正しくサービスや工事の価格を設定できるので物件の落札率も圧倒的に上がり、会社の利益や地域の活性化にとても貢献できることになり、すべてにおいて良いこと尽くめになります。

最低制限価格算出ソフトプライスについて

先程記載がありましたが、最低制限価格とは地方公共団体が物件の競争入札をして仕事を落札使用とする時に、事前に設定される落札する為の下限額です。
この制度はあまりに安い工事費では質の悪い工事になってしまう可能性があり非常に危険なので、そのような事故を防ぐために設定されるものです。
この価格を下回ってしまった入札は無効とされてしまいます。
その最低制限価格を算出するソフトで、ユーザー様からも高い評価を頂いているのが弊社の制作したソフト「プライス」です。
一部のユーザー様に取ったアンケートの結果だけでも、その落札総額は216億円にも上り、圧倒的な信頼を勝ち得ております。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要