@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

土木工事の入札をするなら計算ソフトで諸経費率を

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>土木工事の入札をするなら計算ソフトで諸経費率を

入札時の悩みはありませんか

土木工事の公共事業の入札に参加する場合に、準備をするのに多くの時間をかけていたり、自分で出した数字や使っている式に自信がなかったりするという不安がある人や落札できないことが続いていて不安に思っている方、 落札率をアップさせたり、人件費を軽減したりしてコストパフォーマンスを上げたい方など、入札の時の悩みがある方は多くいらっしゃいます。
その原因は最低制限価格を正確に出すことができないところにあります。
最低制限価格をきっちり割り出すことができれば、落札に近づくのですが、悩みがある方々の多くは、その算出した数字に自信を持てない場合が多いのです。

正確に諸経費率を計算することの重要性

土木工事の入札に参加するときに、工事費を計算することになりますが、自分の導き出した数字に自信がないまま書類を作って、不安を抱えているという方がたくさんいます。
それらの悩みを解決するためには、諸経費率を正確に算出することが欠かせません。
積算の値や諸経費率がきちんと計算できれば、最低制限価格を割り出すことができるので、正確な計算が重要です。
とは言っても、計算をするときには、見積もりを読み取っても複雑なルールや例外、自治体による違いをすべて網羅することは難しく、ひとつ間違っただけで期待された数字とはかけ離れてしまうことが現実です。

諸経費率を正確に算出する方法

入札に強い企業は、諸経費率の算出に計算ソフトを使用していることが多いのをご存知ですか。
見積書から読み取った数字をヒントにして逆算することで、正しい数字を出すことができるので、落札率をアップさせることができるのです。
もしも、経験や勘、これまでにうまくいったときの式を使い続けているなら、これからも落札率をアップさせることは難しい可能性が高まってしまいます。
諸経費率を正確に算出したいなら、計算ソフトを導入することがおすすめです。
驚くほど簡単に、計算することができるので、入札時の悩みの解決につながります。

計算ソフト導入のメリット

土木工事の入札のために、計算ソフトを導入すると、落札率のアップを期待できることが、メリットであり、おすすめできる理由です。
何度入札に参加しても、落札しなければ仕事を請け負うことはできません。
落札率が上がれば、少ない入札数でも、仕事に結びつくため、コストパフォーマンスが良くなります。
また、計算ソフトを使うもう一つのメリットは、手間や時間を大幅に削減できることです。
たとえば現状計算に数日費やしている場合でも、操作が簡単で高評価の計算ソフトを使うことで、数字を入力して計算ボタンを押すだけで、1秒で数字を導き出せるようになるのです。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要