@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

公共建築工事や電気設備工事の諸経費率の計算が簡単に

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>公共建築工事や電気設備工事の諸経費率の計算が簡単に

入札に強くなるためには

公共建築工事や電気設備工事を行うためには、入札にエントリーすることが必要ですが、なかなか落札できない場合や急ぎの入札でスピーディーに計算できないなど、 様々な理由から入札を諦めている経営者や管理者の方におすすめなのが、工事費の算出ができるソフトウェアの導入です。
一円の誤差もない正確な計算ができるソフトを選ぶことで、落札に近づくと最近大変注目されています。
操作が簡単なので、どなたでも簡単に利用することができ、スピーディーに業務が進むので、人件費の節約になります。
導入コスト以上の成果を上げることができると、建築業界で話題になっています。

諸経費率を正確に算出できる強み

諸経費率を正確に計算することは、最低制限価格を割り出すために欠かせないのですが、自分で計算する方法が分からなかったり、計算式に自信がなかったりすることが良くあります。
勘や経験だけでは、最近の入札を落札することは難しいので、諸経費率を正しく計算することが落札のためのポイントです。
ソフトを使うことで、書類を何枚も書いたり、やり直したりする必要がなくなり、簡単な操作だけで諸経費率を割り出すことができるようになるため、時間も手間も省くことができる上に、落札に近づくことができるのです。

導入コストも成功のポイント

公共建築工事や電気設備工事を落札するためには、正しく諸経費率を算出し、最低制限価格に近づくことがポイントです。
諸経費率を割り出すソフトはたくさんあり、数万円から数十万円までの価格差があります。
ソフト自体の価格が高い方が性能が良いようなイメージがありますが、実際は、安くて優秀なソフトもあるので、実際に使用したユーザーの口コミや評判を参考にして選ぶことをおすすめします。
安くて優秀なソフトは、操作が簡単なことが多く、数十万円の物を使って二日間かかっていた計算を数時間で行うことができる場合もあります。
導入コストを削減することは、手間を省いて利益率を上げるためにとても大切なポイントなのです。

無料サポートも重要なポイント

公共建築工事や電気設備工事の入札を落札するためには、諸経費率を正しく算出することがとても大切で、自分で立てた式に自信がない人やなかなか落札できない人、時間がない人などに注目されているのが、算出ソフトです。
自分で一から書類を作る場合には、何日もかかる上に、式が違っていたり、膨大な入力と算出作業のためにミスが出たり、正しい値を導き出せなかったりすることがありますが、諸経費率を簡単に割り出すことができるソフト、 特に制作会社が丁寧な無料サポートを用意しているところのソフトを購入すれば、もし操作に迷ったり、操作自体にに慣れていない人でも簡単に行うことができるので、そこもソフト選びのポイントになります。
弊社も、ソフト購入者の方向けの無料サポートがきちんと備わっております。
ユーザー様からの高い評価と安心の無料サポート、そして機能性の高いソフト、すべてを揃えた弊社のソフトの導入をぜひご検討いただければ幸いです。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要