@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

諸経費率計算ソフトが公共建築工事で実りがあると高評価

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>諸経費率計算ソフトが公共建築工事で実りがあると高評価

分かりにくく難しい諸経費率計算

公共建築工事の入札の中でも、難しくて分かりにくいと悩んでいる人が多いのが諸経費です。
詳細に内訳が書いてある見積書でも、諸経費は不明確で、大きな金額が直接乗っていることが多く、内容の詳しい記載がされていないことが一般的です。
分かりにくいけれども、重要な位置を占めているため、これまでの経験やそこからくる勘で対応している企業も多く、なかなか落札できないという事態に陥りやすい項目です。
簡単に計算することが難しいため、時間がかかり、結果何日も諸経費率の計算に費やしてしまう場合も多く、諸経費率を攻略することが落札のカギともいわれています。

諸経費率におすすめの計算方法

入札するときに、悩んでしまう人が多い諸経費率の計算は、最低落札価格に近づくためには欠かせない計算ですが、長年の経験やそこから来る勘で対応している人も多く、 内情を言うと自分の式に自信がなかったり、計算に時間がかかり過ぎたりという悩みを抱えていることが多い項目です。
最近、公共建築工事の企業の間で、大変注目されているのが、諸経費率を正確に計算することができる計算ソフトの導入です。
数万円から数十万円までの幅があるため、導入に踏み切れないという場合もあるようですが、高品質の計算ソフトを使うと落札の確立がアップすると大変話題になっています。

公共建築工事におすすめの計算ソフト

公共の建築工事の落札率をアップさせるとユーザー様から高い評価を得ている諸経費率計算ソフトが「順算逆算」です。
順算逆算は、計算ソフトの中でも入力がとても簡単で、しかも正しく計算することができると大変良い評判をいただいているソフトです。
見積書を読んで、数字を入力するだけで、とても簡単に計算をすることができます。
自治体による違いにも対応できるように開発されているので、どの工事にも使うことができ、安心して計算結果を導き出すことができるおすすめのソフトです。
これまで、落札できないことが続いていたという企業が、落札率をアップさせることができた成功例がたくさんあります。

順算逆算が人気の理由

諸経費率を正しく計算することができ、公共建築工事の落札率をアップすることが期待できると話題になっている計算ソフトの順算逆算は、 簡単に入力することができ、正しい計算ができるところが人気の理由ですが、それと相まって価格がリーズナブルなので、導入経費が安く済むにもかかわらず成果が大きくコストパフォーマンスが良いことも人気の理由です。
また、ソフト自体の価格が安いだけでなく、計算がスピーディーにできるので、手間や時間を軽減することができ、複数の入札が重なっても対応することができたり、人件費の節約に貢献することができるところも高評価の理由です。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要