@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

面倒な電気設備工事の諸経費率が簡単にできる高評価の計算ソフト

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>面倒な電気設備工事の諸経費率が簡単にできる高評価の計算ソフト

面倒で分かりにくい諸経費率の悩み

公共工事の入札に参加するためには、工事費計算をしなければなりません。
土木工事積算基準や建築工事積算基準、水道事業事務必携等の積算基準など面倒で分かりにくい基準を理解しなければならないのです。
工事価格は、直接工事費と共通費を足した合計になりますが、共通費は共通仮設費と現場管理費、一般管理費の3つからなり、直接工事費の額によって、共通仮設費率や現場管理費率、一般管理費率が決まります。
さらに、それぞれを算出するためには、特例などを合わせて計算することが必要になるため、簡単にはできないという悩みが生まれるのです。

面倒な諸経費率を計算する計算ソフト

諸経費率を計算するには、いろいろなルールを知った上で、幾通りもの計算式の中から最適な式を選ぶという膨大な作業が必要になります。
勘や経験に頼った計算を繰り返しても、自分の使っている式に自信が持てなかったり、何度も落札できないことを繰り返しているうちに不安になったりすることが多く、苦労しても結果に結びつかないということになりがちです。
面倒な諸経費計算を正確に行うことができると、最低制限価格に迫ることができるため、簡単で正確に計算できる計算ソフトを導入することが、落札率アップのカギになります。

電気設備工事にも計算ソフトが有効

電気設備工事の入札に参加する場合にも、諸経費率を計算することが必要になります。
他の公共工事と同じように、面倒で分かりにくい条件やルールが多く、自治体による違いもあるので、数字を読み間違えてしまったり、ルールに沿っていない場合には、落札率がダウンしてしまうことになります。
しっかりとした設計で、簡単に入力することができる高評価の計算ソフトを使うことで、1円単位で正しく計算することが可能になり、落札率のアップを期待できるので、ソフトの導入は大変有効です。
作業時間の短縮も図ることができるので、いくつもの入札が重なっても安心です。

おすすめの計算ソフト

電気設備工事の諸経費率を正しく計算することができる計算ソフトとして高評価を得ているのが、順算逆算です。
順算逆算は、入力が大変簡単なのに、数十万円もする計算ソフトに負けない正しい計算をすることができるリーズナブルなソフトです。
導入コストを軽減しながら、落札率をアップさせることができた経営者や管理者の方々がたくさんおり、そこから口コミで高評価が広がってきており大変注目されています。
使用も簡単にできるので、スピーディーに作業が進み、入札が重なっても安心です。
時間と手間を短縮できるので、人件費を軽減することにもつながります。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要