@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

公共建築工事の積算におすすめのソフトについて

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>公共建築工事の積算におすすめのソフトについて

積算の仕事内容について

積算の本来の定義は合計した数量や金額のことです。
建設業界には積算という職種があり、建物を建てる際に必要な見積もりを算出していく仕事です。
企画書・設計図などから必要な工事をピックアップし、各工事に必要な数量を計測する数量積算が基礎となります。
しかし本来の目的は建築コストの算定です。
算出された数量をもとにして価格を設定し、工事費を予測します。
事前に工事費がいくら掛かるのかを予測することが一番の目的なのです。
建築コストは建築物を造るうえで大きな影響を及ぼします。
そのため事前の計算が重要になってくるのです。

積算と見積もりの違い

見積もりとは工程ごとの積算原価に利益を上乗せしたものです。
全ての工程ごとにまとめたものが見積金額になります。
原価に対して利益を乗せて発注元に提示するのが見積書になります。
つまり、工事に掛かる費用の純粋な原価の算出と、その原価に対して利益を上乗せした価格の算出という違いがあります。
売り手と買い手の交渉であり、需要と供給という相反する意味合いを含みます。
この二つの違いを混同している方が多いので、違いをはっきり区別して理解することが重要です。
建築コストの計算に対しての基本となる事項です。

公共建築工事のあり方について

公共建築工事は、地域の環境や経済に大きな影響を与えます。
公共建築工事は地域の住民や国民全体のために行われるものです。
その工事を行うことによっての利便性が、それに掛かった費用を上回らなければ無駄という概念になります。
しかし、建築業界では一部の当事者のみに有益な工事の問題が指摘されています。
公共建築工事においては、国土交通省が定める積算のルールがあります。
そのスタートとなるものが「公共建築工事積算基準」です。
ここには直接工事費の算出を数量×単価で積み上げ、共通費・消費税を加えて予定価格の基となる工事費を算出することが明記されています。

公共建築工事に対応したソフト

建築工事のコスト管理を徹底し、コスト競争力を向上させることは企業にとって大きな課題です。
見積もりや積算業務を正確に行うには膨大な労力と時間を要します。
スピーディかつ正確に算出を行うためにソフトウエアの利用をおすすめします。
私どもコーセンコーポレーションの開発した最低制限価格算出ソフト「プライス」は簡単な操作で発注者側との1円の誤差も出ない計算結果が出せるソフトです。
多くの落札物件の実績があり、たくさんの企業様が導入されています。
ソフトを使用することによって、業務の効率化やコスト管理の徹底化を実現することが可能になります。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要