@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

電気設備工事の積算でおすすめしたいソフト

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>電気設備工事の積算でおすすめしたいソフト

操作性のいいソフトがおすすめ

電気設備工事の積算ソフトを導入したいけど、どんなソフトを導入したらいいか分からない。
そういう方のために、アプリケーションを導入するときのポイントを紹介しましょう。
その一つは、操作性のいいアプリケーションを導入することです。
機能性や評判、価格なども大切な要素ですが、どんなアプリケーションを導入しても、それが使いやすいものでなければ意味がありません。
よって、積算ソフトを導入するときは、どのアプリケーションが操作性がいいかを考えながら比較してください。
操作性のいいアプリケーションを選べば、算出がスピーディーになるので、業務効率を上げることができます。

順算逆算では諸経費の計算しかできない

電気設備工事の積算ソフトといえば、たとえば弊社のソフトでしたら「順算逆算」を挙げることができますが、このソフトを導入したいとお考えの方は次の点に注意してください。
それは、順算逆算では最低制限価格を算出することはできないということです。
諸経費の算出は普通に行えますが、最低制限価格を算出する機能は備わっていないのです。
順算逆算を使いたいと思ってる方の中には、これで最低制限価格を算出したいと考えてる方もおられると思いますが、こちらの商品では最低制限価格の計算はできないことを覚えておいてください。
なお、こちらでできることは諸経費の計算のみです。

アプリケーションの対応業種を確認する

電気設備工事の積算アプリケーションを導入するときは、必ずその製品の対応業種を確認してください。
これは初歩的な注意点ですが、うっかり間違えてしまうこともあるので気をつけてください。
電気設備工事の積算アプリケーションを希望するなら、その製品が電気設備工事に対応しているかどうかを確認しなければなりません。
ちなみに積算アプリケーションの中には、空調設備、管工事、給排水衛生などのジャンルがあります。
ジャンルの違うアプリケーションを導入すれば正確な積算ができなくなるので、きちんと製品の対応業種を確認しましょう。

アプリケーション任せにしてはいけない

電気設備工事で積算アプリケーションを使うのはいいのですが、全てをアプリケーションに任せればいいと考えてはなりません。
なぜなら、アプリケーションはそれを操作する人間がいて初めて効果を発揮するからです。
多彩で優秀な機能を効果的に用いることができるのも、全てはアプリケーションを操作する人間がいるからです。
したがって、電気設備工事の積算アプリケーションを導入するときは、アプリケーションと操作する人間が共に力を出し合う必要があることを心得ておきましょう。
また、アプリケーションを自在に操るための人材育成を行うことも必要です。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要