@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

電気設備工事の積算で高評価を受けているソフトとは

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>電気設備工事の積算で高評価を受けているソフトとは

電気設備工事の積算とは何か

電気設備工事を行うためには入札を受ける必要があります。
その入札を受ける際に利益を含めた経費を計算する必要があります。
その必要な計算を行うにあたり積算を行う必要があるのですが、その積算を行うにも膨大な計算が必要になってきます。
ではどのようなものが必要になるのかというと「人件費」「材料費」などの「経費」、さらには利益なども算出する必要があります。
それらの費用を算出し、最低制限価格を出すことによってようやく積算を行い、入札を受ける形になっていきます。
そのため計算は重要なものでありますが、膨大な労力が割かれます。

電気設備工事の積算を簡素化できる方法とは

工事の費用などを簡素化する方法としては、単純なものでいうと「ソフトを購入して、導入する」という方法があります。
もちろんソフトの購入にはお金がかかりますし、なおかつソフトの相性が自分自身の会社に合っているかどうかも確認する必要があります。
その確認方法にも基準があり、性能や金額、さらには計算の精度などがありますが、何よりも高評価を受けているソフトが基準になってきます。
高評価を受けているものの多くは計算を簡素化することができ、なおかつリーズナブルな価格で購入することができるものが多く、簡素化も容易に叶えられます。

高評価の代表格「プライス」

高評価を受けているソフトと言ってもひとえに言うと数多くあり、基準も異なってきます。
その異なるもののなかですべてにおいて評価の高いものとして、弊社が制作したソフト「プライス」があります。
ではその「プライス」とはどういったソフトなのか、これからご説明いたします。
プライスはずばり言うと「最低制限価格」を算出するものであり、積算をしていくうえで非常に重要な要素を簡単に算出できるものです。
正確な計算を行えるにもかかわらずお手ごろな価格で購入することができ、サポートも受けることができるのですから、至れり尽くせりのツールなことは間違いありません。

効率的な積算で電気設備工事を獲得

積算のツールは数多くありますが、計算には膨大な時間がかかりますし、種類も数多くあります。
そのためには「プライス」のように実際に現場でよく使われ、なおかつその現場の皆様からも高い評価を得ているソフトを利用することによってより効率的に、 なおかつ費用も抑えながら積算をしていき、電気設備工事を獲得することが何よりも大切です。
よく使われるものを利用することによって計算はツールに任せて、他に考えるべきところを詰めていくことによって工事を獲得することができ、 そのうえでさらなる売り上げを目指していくことによって会社を大きくすることができるようになります。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要