@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

電気設備工事の積算に便利な最低制限価格が簡単に算出できるソフトウェア

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>電気設備工事の積算に便利な最低制限価格が簡単に算出できるソフトウェア

今、電気設備工事の積算で悩んでませんか?

今、このサイトをご覧の皆様の中には建設会社や電気設備工事関連の会社などで経理を担当なさっている方もいらっしゃると思います。
皆様は電気設備工事の積算にどんなソフトウェアをお使いですか。
なかなか落札がうまくいかない、最低制限価格や諸経費の捻出に困っている、積算ソフトまでは必要ないけれど急ぎの入札に間に合わせたい・・・などとお悩みの方もきっとおいででしょう。
そんな皆さんに、耳寄りなお知らせがございます。
ユーザー様からの高評価を頂いているソフトを、安価でお買い求めいただくことができます。

諸経費計算に特化した「順算逆算」

今回は、弊社の誇る2つのソフトをご紹介いたしましょう。
まずは「順算逆算」。
電気設備工事のほか、建築工事、機械設備工事などそれぞれの現場に特化した内容の諸経費計算機能に特化したソフトです。
既に国や地方自治体で導入されて定評の高い営繕積算システム「RIBC」を一般向けに応用させておりますので、発注者側と1円の誤差が出ない金額が算出できますし、 お手頃な価格で入手できて操作も簡単なので年間わずか数万円の費用を注ぎ込んだだけで数千万円から数億円までの落札が期待できます。
よって御社にもたらされる収益は単純に考えても数百倍から数千倍にもなるという訳です。

最低制限価格の算出もできる「プライス」

続いて紹介する「プライス」は、先ほどの「順算逆算」の機能に最低制限価格の算出機能を兼ね備えたソフトなので、諸経費の計算に加えて最低制限価格の算出もできるようになっています。
いずれのソフトも操作法はとても簡単です。
まず予定価格を入力してから工期の設定ボタンを押し、次に直接工事の割合を設定してから計算ボタンをクリックすると、あとは自動的に算出してもらうだけです。
ですから、高精度で間違いのないデータが初めての方にも簡単に算出できるようになっています。
既にこのソフトを導入している皆さんからも、このソフトの精密度の高さと仕事のやりやすさから嬉しい反応が寄せられています。

まずは30日版からお試しください!

このように、只今ご紹介いたしました二つの積算用ソフトはどちらもCD版パッケージとダウンロード版パッケージのどちらからでもお買い求めいただけます。
1か月間の使用が可能で、その後継続使用する際1か月ごとに更新する30日版と、一年間を通じてのご利用ができて更新期間も一年ごとにやれる365日版の二通りを用意しております。
価格は30日版の場合「プライス」が11,000円、「順算逆算」なら10,000円になっていていずれも毎月11,000円(「プライス」)/10,000円(「順算逆算」)の更新料が付きます。
詳しい内容につきましては公式ホームページをご覧ください。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要