@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

電気設備工事で積算や諸経費率を算出できるソフト

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>電気設備工事で積算や諸経費率を算出できるソフト

積算や諸経費率を算出するためには

電気設備工事を行うにあたり、その工事の費用を計算する必要があります。
その必要のある費用を計算する際、重要なキーワードとなるのが「積算」と「諸経費率」です。
前者の場合は最低制限価格の算出をするために積算をすることが必要になります。
後者の場合は人件費や材料費などの費用を算出、さらには利益の算出をするために必要なものです。
計算の方式は会社によって様々ですし、なおかつ複雑なものですので手計算で行うと膨大な時間と労力がかかってしまいます。
そのため計算を行うために効率化できるための道具がどうしても必要になります。

電気設備工事を積算の算出を効率化する意味

電気設備工事を行う以前に費用を算出する必要があります。
もちろん費用と利益、さらには様々な要素の積算を行い、算出することで、工事の受注に繋がってくるのであります。
受注を受けるためには期間・費用が選ぶ基準として挙げられるのですが、その基準を算出するためにはどうしても計算を効率化する必要があります。
その効率化でもって費用・期間をいくつもの案を編み出すことができ、よりよい工事を受注することができるようになります。
そのためには積算の算出がどうしても必要になってきます。
積算を効率化することはそれだけ重要なことなのです。

積算や諸経費率で好評なソフトは何があるか

こうした工事のことについて計算をするものは数多くありますが、その中で有名なものは計算ソフトです。
必要事項を入力して算出していく、そのプロセスは限りなく短くすることができ、電気設備工事の受注にぐっと近づくことができるようになります。
もちろんソフトにも様々な種類があり、用途によっても変わってきますので、選ぶ基準も異なってきます。
選ぶ基準はさまざまですが、「利用したユーザーが評価しているかどうか」もその一つとして挙げられます。
ユーザーの間で好評を博しているソフトは何でしょうか、またどのようにして手に入れたら良いのでしょうか。

「プライス」と「順算逆算」

それは「プライス」と「順算逆算」です。
前者は最低制限価格を算出するためのもので、後者は諸経費率を算出できるものです。
その2つの要素を使うことによって積算も簡素化することができ、電気設備工事の受注を受けるに必要な費用を簡単に、なおかつ多く産出することができることで好評です。
工事を行う会社として利益を上げるためには工事の受注を受けることが何よりも大切ですが、その受注にあたっては費用がどれだけになるのか、納期がどれだけになるのかが重要なポイントになってきます。
その重要なポイントを早く・正確に算出できるものとしてこの2つのものがあります。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要