@media print {#ghostery-purple-box {display:none !important}}

公共建築工事には営繕積算システムを精査したシンプルソフトで!

サイトマップ

1円の誤差もない入札ソフト作りにこだわり、建設業様の落札のお手伝いをして18年。
ここでしか手に入らないソフトウエアで貴社の落札をサポートします。

最低制限価格算出ソフト HOME最低制限価格算出ソフト>公共建築工事には営繕積算システムを精査したシンプルソフトで!

公共工事の入札には結果を出すソフトで!

公共建築工事の入札では、「正確な最低制限価格が出せない」、「アナログ式の計算方法では不明瞭で不安」など、あらゆる不安や悩みなどが起こりがちです。
そのような状況で入札に参加しても貴社の利益を上げることが不可能です。
工事価格や最低制限価格を正確に計算していくには、「営繕積算システム」と同様の機能で共通仮設費や現場管理費、一般管理費を計算していかなくてはなりません。
しかし、このシステムは発注期間専用のソフトウェアであり、建設業者向けには存在していないのです。
18年間建設業向けシステムを開発してきた当社では、発注者側と1円の誤差を出さない専用ソフトを開発しました。

1円の誤差もなく計算結果を出すソフトとは

当社の開発したソフトは、最低制限価格算出システム『プライス』と、諸経費計算システム『順算逆算』です。
これらは営繕積算システムと同様のロジックでありながら、建設業向けに開発されたシンプルな積算結果が出せるシステムです。
営繕積算システムは、公共建築工事発注者の積算業務を合理化・省力化を進めるために開発されたシステムで、全国の都道府県やその政令都市のほぼ100%がこのシステムを導入しています。
これを、よりシンプルで使いやすくした企業向けシステムが当社の開発した『プライス』と『順算逆算』なのです。

落札総額216億円以上を出せる理由とは

当社の『プライス』・『順算逆算』を導入しているユーザー様の落札物件433件を調査したところ、その落札総額は216億円9,000万円以上という結果となりました。
調査を行ったユーザー様は一部なため、全てのユーザー様の落札物件を調査すればさらにアップすることでしょう。
なぜ、こうした結果が残せるのかというと、当社では国土交通省公共建築工事積算基準の規定をそのまま追うのではなく、基準書の曖昧な部分を徹底的に検証・精査し、 同時に今まで培ってきた開発ノウハウを活かして、お客様に1円の誤差もない計算結果を提供しているからです。

顧客アンケートで満足との回答が続出!

当社のソフトウェアのユーザー様200名にアンケートをお願いしたところ、実に186人の方から「落札できた」「満足している」「簡単で使いやすい」など、導入のメリットがあったとの回答をいただいております。
特に操作性においては、とてもシンプルになっていることがとても評価が高かったです。
その操作方法は、例えば予定価格から逆算したい場合には、①予定価格の入力・②工期設定・③直接工事の割合・④計算ボタンをクリック、というたった4つの操作のみです。
これで今まで悩みのタネとなっていた最低制限価格や諸経費計算を誤差なく行うことができるのです。

最低制限価格算 出ソフト「プライス」
公共建築工事編 (建築、電 気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道 工事編

諸経費計算ソフト「順算逆算」
公共建築 工事編 (建築、電気設備、機械設備)一般土木工事編農林土木工事編水道工事編

積算ソフト
土木積算「頂( いただき)」公共営繕工事積算 (建築・電気・機械設備)

コーセンのご案内
購入ガイドお問い合わせ会社概要