最低制限価格算出ソフト「プライス」上水道工事編

高い計算能力であなたをバックアップ! 
最低制限価格算出ソフト【プライス】 上水道工事編 第7版

「このソフトが落札の決め手となった!」「正解率が飛躍的にアップした!」

等の喜びの声を続々いただいております。

このソフトウエアは、地方自治体において公開されている最低制限価格/調査基準価格の算定式に基づき、
価格をシミュレートします。

平成29年度改定の「水道事業実務必携」に記載されている最新の諸経費率に対応。
平成29年度の国土交通省土木工事積算基準の「下水道(1)(2)(3)」の諸経費率にも対応。

(このソフトウエアは上水道工事専用です。下水道工事の最低制限価格算出をご希望の方は、
「プライス」一般土木工事編をお求めください)

■水道事業実務必携 改定内容

端数処理
 工事価格は、10,000 円単位とする。工事価格の10,000 円単位での調整は、

 一般管理費等で行うものとし、 一般管理費等で算出された一般管理費等の計算額より、

 端数処理前の工事価格の10,000 円未満の金額を除いた額を計上する。

共通仮設費の率計算
 
下記に定める対象額ごとに求めた率に、当該対象額を乗じて得た額の範囲内とする。
 対象額(P)=直接工事費+(支給品費+無償貸付機械等評価額)+事業損失防止施設費+
         
準備費に含まれる処分費

現場管理費率標準値の修正

平成28年度 現場管理費率標準値 ( )内は平成27年度の率または変数値
工種区分 1000万円以下 1000万円を超え20億円以下 20億円を超えるもの
下記の率 A×NPbにより算定された率とする 下記の率
開削及び小口径推進工事 27.45% (25.61%) 158.8 (123.7) -0.1089 (-0.0977) 15.42% (15.26%)
シールド工事及び推進工事 27.40% (24.80%) 41.6 (28.9) -0.0259 (-0.0095) 23.89% (23.58)
構造物工事(浄水場等) 17.55% (16.51%) 26.9 (21.5) -0.0265 (-0.0164) 15.25% (15.13%)

対応工事

水道事業実務必携基準
(水道施設整備費国庫補助事業の基で行われる上水道工事)
下水道基準(諸経費率のみ適用)
(国庫補助事業に頼らない市や町単独で行われる
上水道工事の場合、下水道の諸経費率が適用されます)
開削及び小口径推進工事 下水道工事1(シールド工法、内部作業の推進工法)
シールド工事及び推進工事 下水道2(開削工法、小口径推進工法)
構造物工事(浄水場等) 下水道工事3(ポンプ場工事、処理場及び類する工事)

計算式

■最低制限価格計算式

  • 式のサンプル: (直接工事費×97% + 共通仮設費×90% + 現場管理費×80% + 一般管理費×55%)
       (ソフトウエアに登録済)
  • 上記以外の計算式: ユーザー側で登録可能(最大100件まで)

計算式登録

動作環境

  • 対応OS: Windows 10/ Windows 8/ Windows 7/ Windows Vista
  • 画面の解像度: 1024×768ピクセル以上が表示できること
  • プログラム容量: 約40MB

価格

使用期間 365日 30日
最低制限価格算出「プライス」 初回購入 2回目以降
初回購入 2回目以降
上水道工事編 40,000円
(税込43,200円)
24,000円
(税込25,920円)
10,000円
(税込10,800円)
10,000円
(税込10,800円)
  • ※本製品は、使用期間をお客様にご購入いただく形式です
  • ※本製品の使用期間は、弊社から発行したライセンスキーをお客様が登録した日から始まります
  • ※使用期間終了後、製品は使用できなくなります
  • ※ライセンスを購入する事により継続使用または再使用が可能です
  • ※同一パソコンで継続または再使用する場合、プログラムの再インストールは不要です
  • ※使用期間中のバージョンアップ、サポートは無料です
  • ※使用期間中の中途解約はできません
  • ※1ライセンスで1台のパソコンでのみ使用できます
  • ※管理者権限でインストールしたスタンドアロンPCで、同一管理者でログインした場合のみ使用できます。
    (他のユーザーでログインした場合は使用できません)

※現在、ご購入者全員に、
必読!『あなたが知らない目からうろこの 落札率アップ実践レポート』A4 34ページを無料進呈しています。

有限会社コーセン コーポレーション Web責任者 菊地 信行

代表取締役の菊地と申します。上のレポートは私たちが8年間の開発の過程で掴んだ
積算基準書には記載されていな貴重な運用情報をまとめたものです。

例えば、
「○○費は共通仮設費対象外として扱われています。計上しないで下さい」
「○○費のうち諸経費込みの単価がある場合は□□項目に金額を入力してください」
「発生材(有価物)売却費の千円未満は○○してください」等々です。

是非、このレポートを皆様の落札・受注率アップにお役立てください。

コーセンの電話番号

不安  でも、、、

  •  「いきなり買うにはちょっと不安」

  •  「どんなソフトか一度試してみたい」


  という方のために無料体験版をご用意しました

         無料体験版

最低制限価格の算出方法

予定価格から逆算する

  1. 工事名の入力
  2. 工事区分の選択
  3. 使用する算定式の選択
  4. 予定(工事)価格の入力
  5. 管材費・共通仮設費積上げ額等の入力、補正条件の選択
  6. 計算ボタンをクリックで最低制限価格が計算される

算出例1、水道事業実務必携基準

予定価格: 40,930,000 円
(うち直工に含まれる管材費 11,225,000円 直工に含まれる処分費 1,133,800 
共通仮設費積上額 560,000円)
工事区分 : 開削工事及び小口径推進工事
最低制限価格計算式 : 直接工事費×0.97+共通仮設費×0.90+現場管理費×0.90+一般管理費×0.55
補正条件: 共通仮設費-市街地 (補正率 2.0%)
現場管理費-市街地 (補正率 1.5%)
一般管理費-前払い金・補正しない、契約保証・補正しない

■計算結果 - 最低制限価格: 36,630,000円(税別)

計算結果印刷サンプル(pdf)

水道事業実務必携基準の計算例

算出例2、下水道基準

予定価格: 57,250,000 円
(うち直工に含まれる特殊製品費 32,713,000円 
直工に含まれる処分費 364,800円 共通仮設費積上額 1,114,000円)
工事区分 : 下水道工事2 (開削工法、小口径推進工法)
最低制限価格計算式 : 直接工事費×0.95+共通仮設費×0.90+現場管理費×0.90+一般管理費×0.55
補正条件: 共通仮設費-全地域 一般交通等の影響有り①(補正係数1.3)
現場管理費-全地域 一般交通等の影響有り①(補正係数1.1)
一般管理費-前払い金・補正しない、契約保証・補正しない

■計算結果 - 最低制限価格: 51,350,000円(税別)

計算結果印刷サンプル(pdf)

下水道準拠の計算実例

その他

<最低制限価格計算式の登録方法>

計算式作成画面の様子
1. 登録名 任意の名称を入力
2. 式名 任意の式名を入力
3. 最低制限価格
上限値・下限値
%を設定
4. 式の作成 費目名をマウスで選択し、演算子と数値から作成。
例:直接工事費(費目名)×0.95(数値)
5. 式のチェック 作成した式が正しいかどうかチェックできます。
数式が正しいかチェックします

<計算式一覧>

ソフトウエア内にサンプル式として一つ登録されています。
それ以外の算定式は、ユーザー側で独自に作成可能です。式の最大登録件数は100件までとなります。

計算式一覧の画面

<丸め設定>

1. 最低制限価格の丸め単位: 1円、十円、百円、千円、万円の選択が可能
  丸め方法: 切り捨て、四捨五入、切り上げ
2. 最低制限価格が上限を超えた場合: そのまま表示、上限に合わせる
  下限を超えた場合: そのまま表示、下限に合わせる
最低制限価格に関する設定の画面
2. 計算結果の丸め単位
直接工事費: 1円
共通仮設費: 1円、十円、百円、千円、万円から選択
現場管理費:
工事価格:

<設定項目>

設定項目一覧

間接費の率計算の対象額に関する各種金額を入力します。

  • 直工に含まれる管材費
    当該金額の1/2が共通仮設費と現場管理費の対象額から控除されます。
  • 支給品に含まれる管材費
    支給される管材費がある場合はここに直接入力します。
    その1/2が共通仮設費と現場管理費の対象額に加算されます。
  • 直工に含まれる処分費
    直工に計上した処分費(高速道路利用料金も含みます)をここに入力します。
    処分費の合計額が「直接工事費+準備費に含まれる処分費」の3%を超える場合または処分費が3千万円を超える場合に、超えた分は間接費率分の対象額から控除されます。
  • 準備費に含まれる処分費
    共通仮設費積上げ計算で準備費に計上した処分費も同様です。
  • その他諸経費計算除外金額
    各自治体の決まりなどで、直接工事費に計上したが諸経費の率分の対象額から控除する金額がある場合にはここに入力します。

<共通仮設費積上項目>

共通仮設費積上項目

<支給品費項目>

支給品費項目

<その他項目>

その他項目

●発生剤(有価物)売却費はマイナスで計上されます。

<初期設定>

初期設定

工事費に計上する処分費、契約保証費の設定

□処分費を計上する 設定画面にある「直工に含まれる処分費等」や
「準備費に含まれる処分費」に計上せず、
別途工事費として計上する場合にチェックします。
チェックした場合、設定画面にある「直工に含まれる処分費等」と
「準備費に含まれる処分費」は使用できませんので、
その他画面にて金額を入力してください。
計算結果や印刷帳票に反映されます。
□契約保証費を計上する 一般管理費の契約保証に係る補正を使用せず、
別途契約保証費を計上する場合にチェックします。
チェックした場合、補正条件の一般管理費の
「契約保証に係る補正」 は使用できませんので、
その他画面にて金額を入力してください。
計算結果や印刷帳票に反映されます。


<下水道基準の特殊製品対象額設定>

控除割合の設定

水道実務必携基準では、通常管材費の1/2が共通仮設費と現場管理費の対象額から控除されますが、
下水道基準の場合、自治体によって控除対象額が異なることがありますので、控除対象額を任意の率で設定できるようになっています。

<工事一覧表>

工事の登録、呼び出し、削除が可能です。

工事一覧表
お客様の声

落札率10%を75%まで高められる高性能なソフトに全幅の信頼。


私と菊地さんとのお付き合いはもう3年ほどになります。私は、土木建設業のコンサルタントをしています。
役所の入札は、ひとつの物件で大体10社の入札が入ります。そうしますと、落札できる確立はどの会社も
10パーセントになるわけです。その確立をぐんと高めるためのお手伝いをするのが私の仕事です。

この仕事ではソフトというのは右腕のようなものです。今まで色々なソフトを使ってきましたが、
専門ソフトなので高いものは300万から400万するものもあります。しかし、作っている人間は、
現場を知らない人間であることが多いのです。私は何十年も現場でやってきた人間です。
その私の「このようなソフトを作ってほしい」という要望にすぐに応えてくれたのが菊地さんでした。

大手ソフトメーカーさんのソフトを使っていたこともありますが、大手さんは会社が大きすぎて要望に応えてくれるのに時間がかかってしまいます。
ひとつの要望に応えるのに、半年一年とかかるのです。そうすると、お客様は間に合いません。

しかし、菊地さんは、いつも迅速に対応してくださり、100パーセントこちらの要望どおりに返してくれるので、
信頼しています。またお互いに現場のことを分かっている人間ですので、共通言語で話が出来るということも大きいですね。

また、他社さんのソフトは、直しが必要なのにそれが出来ていなく、なおかつ高いというものが多いのです。
私自身も、ソフトの販売をやっていますが、今お勧めできる大手さんのソフトは、正直に言ってありません。
コーセンさんのソフトは費用対効果とスピード、また作りも全然違うので、お客様には大変喜んでいただいています。

他社さんのソフトとコーセンさんのソフトの一番の違いは、一ページで完結するということです。
一般的な高額ソフトというのは、どんどん違うところに入っていってしまい、
「今どこをやっているのか分からなくなってしまう」というものが多いです。
このようなソフトですと、1億の工事の計算をするのに大体2日かかります。

しかし、コーセンさんのソフトですと15分で出来てしまいます。
その理由は余計なものがついていないからです。だからコストも下げることが出来るのだと思います。

現場は時間との戦いでもあります。1円単位の厳しい戦いでもあります。ですから、スピーディーで1円の誤差もない
高性能なソフトでなければならないのです。
そのようなソフトでなくては、私は販売出来ませんし、コンサルタントをすることも出来ません。

先週も、コーセンさんのソフトを使い4社のコンサルタントをしましたが、4社中3社は落札できました。
1社は同札でした。同札の時はくじ引きで決めます。

くじ引きで負けてはしまいましたが、実力は同等であったということです。
それだけこのソフトが高性能なソフトだということです。

このソフトを使うと、落札の確立が10パーセントであったところを、75パーセントに上げることが出来ます。
このソフトを使って、年の最初のころに、
その年に出来る仕事の分の落札が出来てしまったというお客様もいらっしゃいます。

         よくある質問
すぐに使いたいのですが一番早く手に入る方法を教えてください。

ダウンロード購入の場合、電信にてお振込いただければ
現在30分程度でご入金の確認が出来ておりますので当日ダウンロードしてお使いいただけます。
午後3時を過ぎてお振込になった場合は、翌日のご入金確認となりますが、
お急ぎの場合は、メールとATMから発行される振込証明を
FAX(022-255-2078)していただければその日の営業時間内(18:00まで)に
ダウンロードサイトをメールにてお知らせ致します。

CDでの購入の場合、到着の目安は以下となります。
平日15:00までにいただいたご注文は、当日発送いたします。
尚、到着予定が土日となる場合は、ご希望がない限り、
月曜日着で発送させていただきます。

ダウンロード 即日
北海道 2日
東北、関東、北陸、中部、東海、近畿 1日
中国、四国、九州 2日
沖縄、離島 3日以上
体験版はありますか?

ございます。体験版請求はこちら

○○県から電話していますが、このソフトは地方でも使えますか?

諸経費率は国が定めたものですが、
ほとんどの地方自治体は国の基準に倣っていますので問題なく使えるはずです。

どのくらいの人がこのソフトを使っていますか?

2017年8月末時点で最低制限価格算出ソフト「プライス」は全国で1,367社様にご使用いただいております。

諸経費率はどれくらいの周期で変更になりますか?

国土交通省の土木工事は、2年置きくらいがこれまでの慣例です。
建築、電気、水道工事につきましては10年以上変わらない場合もございます。

諸経費率が変更になった場合のバージョンアップは?費用は発生しますか?

本製品の使用期間中のバージョンアップは無料となっています。

諸経費率を手で変更することができますか?

変更可能です。

使い方がわからない場合には、電話で対応してもらえますか?

はい、お気軽にご連絡ください。
営業時間は、平日午前8:30~18:00までとなっております。

ご購入方法

1.代引き(ヤマト運輸)による商品(CD)の発送

2.銀行振込(前払い)による商品(CD)の購入

3.ダウンロードによる購入。即日ダウンロードも可能です

コーセンの電話番号

お電話でのご注文も上記で承ります 平日08:30~18:00
メールでのお問い合わせは下記「お問い合わせフォーム」からどうぞ

お問い合わせフォーム
氏名
メールアドレス*
ご連絡先
内容